LIVLAでの働き方

LIVLAでの働き方

STYLE

新しい私らしさ


こちらにテキストが入ります。

こちらにテキストが入ります。こちらにテキストが入ります。こちらにテキストが入ります。

こちらにテキストが入ります。こちらにテキストが入ります。

こちらにテキストが入ります。こちらにテキストが入ります。こちらにテキストが入ります。
こちらにテキストが入ります。こちらにテキストが入ります。

こちらにテキストが入ります。こちらにテキストが入ります。
こちらにテキストが入ります。こちらにテキストが入ります。こちらにテキストが入ります。
こちらにテキストが入ります。こちらにテキストが入ります。こちらにテキストが入ります。

CASE 1


会社員として週3日、個人事業主として週2日のパラレルワークを実現

いまの会社では企画営業として16年働いています。子育てとの両立もしやすく働きやすい職場だと感じています。ただ40歳を目前にして、私には他の選択肢や可能性もあるのではないかと感じていたころに、副業解禁となり、とりあえずLIVLAの会員登録をしました。

LIVLAではいろいろな業種や形態で働いている方がいて、いままで1つの会社の働き方しか知らなかったのでまずは驚きましたし刺激になりました。 いまは週に2日、LIVLAで新規事業立ち上げの仕事に関わっています。企画営業のスキルをいかしながら違う分野で働けることにワクワクします。

新しい発見やつながりで本業にも活かされています。LIVLAでいろんな仕事に挑戦しながら私らしい働き方を見つけていきたいです。

業種 : 新規事業立ち上げサポート 週2日(6時間)
年齢 : 38歳
子ども : 2人

CASE 2


フリーランスとして活躍の場と売り上げが拡大

出産を機に退職、趣味を活かして起業したい!と整理収納の資格をとり、3年で月15万円程度の売上げを維持できるようになりました。個人向けだけではなく、企業や行政と仕事をしたいと思いましたが、営業や企画書を作成することが苦手で一歩踏み出せずにいました。活動の場を広げたくLIVLAパートナーとなり、今は企業や行政のイベント企画・運営の仕事を任せてもらっています。

個人で講師をしていた時は、小さいながらも企画から運営まで一人で回していたので、このように活かせる仕事があることが嬉しかったですし、LIVLAからの紹介で今度企業研修の講師を務めさせていただくことになりました。 これからもいろんなことに挑戦しながら活躍の場を広げていきたいです。

業種 : イベント企画運営・講師
年齢 : 38歳
子ども : 1人

CASE 3


託児付オフィスを活用してブランクと預け先の不安を解消

長年培った営業スキルを生かしたいと思い、営業アシスタントの仕事に関わっております。ブランクがあることと、子どもを預けて働くことにも少し抵抗がありましたが、LIVLAが託児付きオフィスだったので、安心して仕事に集中でき、わからないことは同じプロジェクトメンバーやLIVLAスタッフにすぐ確認できるので、徐々に自信をつけることができました。

来年から子どもを保育園に預けてフルタイム復帰を目指しています。

業種 : 営業アシスタント
年齢 : 44歳
子ども : 2人

CASE 4


社会と繋がることで私らしさを取り戻せ家族も幸せに

夫の転勤で8年勤めていた保険会社を退職し、専業主婦として子育てに専念していましたが、「もう一度働きたい」「社会とつながりたい」というと思うようになり、働ける場所を探していました。転勤族で子どもがいることがネックでなかなか一歩踏み出せずにいたところ、LIVLAと出会い、在宅で企業専属ライターとして仕事をしています。

初めての経験とブランクが不安だったのですが、丁寧なマニュアルと指導で安心してスタートできました。以前より育児の時間は少し減りましたが、自分の時間をもつことで、より子どもにも夫にも優しく感謝できるようになりました。子どもが保育園に入ったらLIVLAで新しい仕事にも挑戦してみたいと思っています。

業種 : 企業専属ライター
年齢 : 36歳
子ども : 3人